« オープン・ハイスクールno | トップページ | 結局、できるようになる子って? »

2017年8月 1日 (火)

オープン・ハイスクールの見どころはココじゃないですか?

季節がら、学校説明会やオープン・ハイスクールへの参加を予定している人も多いと思います。

 

「こんなことが学べる」「部活はこんなに盛んだ」等、色々、話を聞くことになると思うのですが、

見どころは、“進路”です。

 

高校は、

①国公立大、難関大を目指す子たちが集まる高校

②まあ真面目に言われたことはするけどね、という子たちが集まる高校

③部活や、青春を楽しみたい子が集まる高校

④何となく適当に中学時代を過ごしていた子たちが集まる高校

⑤とりあえず、高校には行っとけと言われるから来ました、という子が集まる高校

⑥先々の仕事を考え、その仕事への準備をしに来たという子が集まる高校

ハッキリとした性質を持ちます。もちろん上記の複合版というところもあるでしょう。

 

つまり、高校という“入れ物”が問題なのではなく、

その学校に集まって来る子たちが、どういう子たちなのか?  コレが大事なんです。

 

親のコントロールが、もはや効かない、また、親がコントロールすべきではない、自立を始める高校という時期、

友人や周りの人たちの影響をモロに受け、それを基に、自分の人生を築いていく第一歩となる時期、

この大事な時期を過ごす環境を、しっかり見極めるべきだと思います。

 

繰り返しますが、学校という入れ物ではなく、その中の人たちが、どういう人か? です。

 

どういう子たちが集まっているのかというのは、進路を見れば、ある程度分かります。

 

学校ホームページで公開している進路は、上位校になればなるほど詳しく、下位校になればなるほどザックリします。

トップ校以外は、あいまいになっている学校がほとんどです。

現役・既卒(浪人ですね)の別、合格数、実際に進学した人数が書いてあるのが理想ですが、

ほとんどの高校は、既卒を含む+のべ人数 になっています。

これでは、この高校には、どういう子たちが集まってきているのかがハッキリとは分かりません。

 

“どういう子たちが集まる学校か” これは実際に行って聞いてみるしかないのです。

« オープン・ハイスクールno | トップページ | 結局、できるようになる子って? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598184/65607924

この記事へのトラックバック一覧です: オープン・ハイスクールの見どころはココじゃないですか?:

« オープン・ハイスクールno | トップページ | 結局、できるようになる子って? »