無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 春の講習って必要なのか?4 | トップページ | 環境の変化は、自分を見直すチャンス »

2017年3月 6日 (月)

何十秒後、何分後かの自分のために

算数や数学の問題をするとき、

当然、計算をするのに式を書きます。

で、その式から値を導き出すワケですが、

 

「何のために式書くん?」と聞いたら、

だいたい、「答え出すため」って答えます。

 

確かにそれはそうなのですが、

それしか考えていない子は、

いつまでもケアレスミスがなくならないものです。

 

式を計算していく過程が、正解には大事なのです。

立式は合っているのに、解答が違ってしまうのは、

計算過程でミスが起こっているからです。

 

「ちゃんと見直しなさい」と、いつも言われていても、

ザッと眺めるだけってことはないですか?

 

何をもって、見直しというのか知らない。

見直しはどうするものか教えられていない。

不思議と、学校であれ、塾であれ、

これを教えているというのを、寡聞にして、私は知りません。

 

「見直しせえ」と言う前に、

「計算経過は、見直しをする何十秒後、何分後かの自分のために書く」

という指導が大切なのです。

 

見やすく、キレイに、順序良く、

これを意識して計算経過を書くようにすると、

チェック機能も働きやすくなり、考えの流れも良くなるものです。

 

コレって、人生全般に当てはまるのではありませんか?

何かをしようとする、何かを達成したいとき、

それを成し遂げるまでには、その途中経過が必ずあります。

 

その時に、自己をチェックしながらすすめるのと、

行きあたりばったりにすすめるのでは、

結果に大きな違いがあると思います。

 

仮に最初失敗しても、途中経過をチェックしているなら、

何が悪かったのかも、自分で認識できるので、

改善できるのではないでしょうか。

 

また、「何十秒後、何分後の自分のため」が考えられない子が、

自分の何年後、何十年後が、考えられるものなのでしょうか?

 

勉強は、様々な人生につながる技術が身に着くものですよね。

« 春の講習って必要なのか?4 | トップページ | 環境の変化は、自分を見直すチャンス »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598184/64979024

この記事へのトラックバック一覧です: 何十秒後、何分後かの自分のために:

« 春の講習って必要なのか?4 | トップページ | 環境の変化は、自分を見直すチャンス »