無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 努力し、人から応援される人に | トップページ | 「見えない所をきれいにすると、見える所が光り出す」 »

2017年2月10日 (金)

性格はつくられるもの

性格の土台になるのは、気質であり、これは遺伝によって決まる部分が大きく、
あまり変化しないそうです。
その中心となる気質の周りに、育ってきた環境によって、
狭い意味での「性格」ができあがってくるということです。

同じ気質でも、人によって性格はそれぞれ違います。
全く同じ性格の人っていませんよね。

それは環境が違うからなのです。

性格は環境によって作られます。
環境に適応していくことにより性格が決まるワケです。

暴力的な環境で、力の強さ、乱暴さがある方が、生きやすい環境で育てば、
暴力的になるでしょう。

親が干渉的で、何から何まで指図したい人であれば、
自分の意見を主張しない方が生きやすいので、
自発性のない子どもになるでしょう。

環境が変われば、その環境に適応するように性格も変わっていきます。

「中学生(高校生)になってから~になったなあ」と、お子さんのことについて、
思われたことがある人も多いのではないでしょうか。
それは小学校から中学へ、中学から高校へと環境が変わったから、
その環境に適応するように変わっていったのです。

では、学校の環境といえば、何が該当するのかと言えば、
当然、校舎や教室などハードの面ではありません。

その集団に属する人々がどういう人なのか、に尽きます。

ふだん一緒にいる人は、思考・考え方に大きな影響を与えます。
その思考・考え方が、言葉や行動に影響を与え、人生が変わります。

小学校、中学校は義務教育なので、居住地域の近い子たちの集団です。
すごく頑張れる子もいれば、全然頑張れない子もいます。
色が一色ではないのです。

しかし、高校はその子が持っている
”努力ができる量””あたりまえの基準”によって分かれます。

一色化が進むのです。
色が一色しかないので、その色になっていきます。

高校の選択は、性格、習慣を決める人生のターニングポイントです。
人生で最も大きい選択なのかもしれません。

性格は、思考・言動・行動のもととなるものです。
より影響を受けることができる、良い環境に身を置くことが、
大事なのではないでしょうか。

« 努力し、人から応援される人に | トップページ | 「見えない所をきれいにすると、見える所が光り出す」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598184/64876153

この記事へのトラックバック一覧です: 性格はつくられるもの:

« 努力し、人から応援される人に | トップページ | 「見えない所をきれいにすると、見える所が光り出す」 »