« 明石市内の高校の数学の教科書 | トップページ | 塾の人は子どもたちのここを見ています(私だけかも?) »

2016年4月13日 (水)

高校は進路情報の開示をしよう!

「高校は次のステージへの単なる発射台や」と言われる先生もいらっしゃるでしょう。

確かにそうです。跳び箱をするときの踏切板みたいなものだと私も思います。

 

「全方向、どのような高さでも飛べます」、という踏切板はありません。

高校だってそうですよね。

 

高校生時代というのは、周りの環境で大きく変化し、自分のアイデンティティが固まってくる時期です。

この大切な時期を過ごす高校の選択は慎重にすべきです。

 

中学生や保護者に、正しい選択ができるよう、その材料は高校が提示すべきなのではないでしょうか?

特に公立高校は。

生徒は、入学した高校の教科指導や進路指導により、その後の人生が決められるのです。

 

「ウチの高校の生徒の想定はこうです」

「それに対応して教科書はコレを使い、このように指導します」

「進路についてはこういう方向を想定しているので、進路指導はこうです」

「実際の進路はこうなっています」

「指定校推薦での大学進学は成績基準はこうで、何人である」

これらの情報がないと決めようがないと思いませんか?

 

 

高校は、履歴書に書ける高校卒業資格を取るところです。

公立高校に、「学校が責任もってバリバリ難関大に合格させてくれ」と考えている人は少ないんじゃないですかね。

 

就職者が多いなら、企業が採用できるちゃんとした生徒を養成したのです。

専門学校進学者が多いなら、実務をちゃんと学んで社会で活躍できるよう進路指導したのです。

大学進学者数が少ないからと、恥じて隠す必要がどこにあるんでしょう。

 

いやいや恥じてもないし、隠してもない、と言われる方もいるかもしれませんが、

現役、浪人別の人数や、合否だけではなく、実際の進学者数も開示している高校はあるのです。

「過年度生含む」や「過去4年合算」は、そのつもりが無くとも、少なくとも秘匿しているのです。

 

何かを決める際、豊富な情報量により適切な選択ができるものです。

ぜひ情報開示をし、正しい選択をできるようにして欲しいものです。

 

また、上記のような情報があれば、入学以前から生徒もそのつもりで入ってくるはずです。

卒業後の進路について考えて入ってきていることになるので、

「あ~高校生活楽しっ」だけになる可能性も低いでしょう。

先生方の進路指導も、的が絞りやすくなるのではないですか?

« 明石市内の高校の数学の教科書 | トップページ | 塾の人は子どもたちのここを見ています(私だけかも?) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598184/63479087

この記事へのトラックバック一覧です: 高校は進路情報の開示をしよう!:

« 明石市内の高校の数学の教科書 | トップページ | 塾の人は子どもたちのここを見ています(私だけかも?) »