無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 新学年のスタートにあたって | トップページ | 平均点以下になりたい人はこうやってテスト準備をするのがポイント! »

2016年4月 8日 (金)

新高1のみなさんへ、数学はこう考えて学習しよう

中学数学と高校数学の違いは、中学数学は習うことが少ない、つまり、知っている知識が少ないので、

問題をするには、どうしても思考力やヒラメキが必要です。図形問題の補助線を引く問題なんかそうですよね。

 

これに対して高校数学は、機械的に解答を出す方法を学びます。
各問題に対する解答を出す方法を学ぶので、

コレを出すときはこの知識、コレはこの知識と、量は盛りだくさんになります。

公式や解法がいっぱい高校数学にはありますが、このためなのです。

 

「何かいっぱいありすぎて分からへんわ」ではなく、
「そうか機械的に出すために覚えといて使い方練習したらええんやな」と

考えてやっていきましょう。その方が、気が楽になるのでは?

 

そして、数学には各単元とも、“この知識をカンペキに使いこなせないとアカン!”というベースとなる
考え方、知識があります。

どの例題を見ても使われていることが、これに当たりますが、各例題を見渡して、
これが見つけられると、グッと学習が
楽になります。

 

 

数学Ⅰの「数と式」「方程式と不等式」が終了すると、すぐ二次関数です。

高校数学、とくにⅠやⅡやⅢをクリアしていくためにも、二次関数は絶対にはずしてはいけない単元なので、

例題を見たら解答までの道筋が見えるという状態まで反復して学習しましょう。

« 新学年のスタートにあたって | トップページ | 平均点以下になりたい人はこうやってテスト準備をするのがポイント! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598184/63456242

この記事へのトラックバック一覧です: 新高1のみなさんへ、数学はこう考えて学習しよう:

« 新学年のスタートにあたって | トップページ | 平均点以下になりたい人はこうやってテスト準備をするのがポイント! »